薄い生え際の髪を育てる!育毛剤の効果について知ろう | フサフサ調査隊

頭髪は歳とともに薄くなっていきます。ある程度はしょうがないことと諦めている方も多いでしょう。

しかし、正しい知識と育毛剤で薄い生え際の脱毛を食い止め、育毛を促すことは可能です。

生え際の育毛が難しい理由

脱毛のなかでも特に悩ましいのが生え際です。

ぱっと見目に付きやすいですし、隠すのも難しいこのエリアが薄いと実年齢よりもかなり上に見られてしまいます。

若々しくいるために重要な生え際ですが、育毛には過酷な条件が幾つか挙げられます。

まずこのエリアは毛細血管が少ない場所です。

必要な栄養を運搬する役割を持つ血管の数が少なければ、栄養は不足しがちになります。

さらにおでこ付近の皮膚は、頭皮を含めて硬くなり易い特徴があります。

皮膚が硬くなると血行が悪くなります。

血液のめぐりが悪くなれば栄養はますます届きにくくなってしまい、育毛が難しくなります。

また、男性ホルモンは育毛を妨げる要因になりますが、生え際はそのホルモンの影響を受け易いと言われており、これも悪条件の一つです。

育毛に必要な栄養素として亜鉛が挙げられます。

人間は精神的な負担を感じると大量の亜鉛を消費します。

ゆえにストレス過多の現代人は亜鉛が不足しがちなのですが、体の必要器官ではない毛髪は、栄養の補給が後回しにされてしまい、ますます亜鉛が不足します。

以上のような悪い条件が重なることで、薄い生え際の後退が加速してしまいます。

これに抗うためには育毛剤の使用が有効です。

生え際の育毛に有効な育毛剤とは

育毛剤にはたくさんの種類があります。

その中で、薄い生え際専用の育毛剤というのはありません。

より効きやすい成分のものを自分で選ぶ必要があります。

不足しがちな栄養素、亜鉛を食事やサプリメントで補ってあげるのも大事ですが、育毛剤に元々配合されているものがあります。

どうせなら入っているもの、そしてその中でも配合量の多いものを選びましょう。

そして、それを送り届けるための多くの血流を促すために、血管を拡張する成分を含むものを選んでください。

まずは多くの血液を流す対策が先決です。

次に、男性ホルモンのケアです。

男性ホルモンのうち、ジヒドロテストステロンが育毛を阻害し、抜け毛を増やしていると言われますので、そこにフォーカスしたものが良いです。

男性ホルモンをすべて抑制するのでは無く、あくまでもホルモンバランスを整えるためのものです。

以上の要件を満たすものを選ぶことが大事です。

男性の育毛剤ランキングもおすすめ

頭皮を清潔に保ち、ベストなタイミングで使ってください。

正しい知識を持ち、その対策を行っているという自覚を持つことで、半信半疑で何となく良さそうなものを使う場合との差が出ます。

この意識の差は意外と大きいです。知識の裏打ちがある育毛剤の使用は自信になります。

自信を持って薄いおでこと決別して下さい。

コメントは受け付けていません。