人気の育毛剤の主成分3選!生え際の薄毛対策に効果のあるその特徴

生え際の薄毛が治らない、というのは昔のことです。

近年では回復させられるもの、といった認識が専門家の間でも広がっているほどです。

こちらでは、生え際対策になる成分を3つ紹介します。

その成分とは、

・キャピキシル
・M034
・バイオポリリン酸

の3つとなるわけですが、果たしてどのような機能がそれぞれにあるのでしょうか。

さらに安全性に問題はないのでしょうか。こちらで徹底的に解説させてもらいます。

生え際対策育毛剤に含まれる成分「キャピキシル」とは?

男性型脱毛症対策に有効な成分である

生え際の薄毛は男性型脱毛症に大きく影響を受けています。

その男性型脱毛症対策に特化した成分なのです。

毛が薄い状態を根本的に改善させる機能があるとされており、多くの男性から注目されています。

どんな成分で構成されているのか?

ネーミングからすると、科学的な物質が含まれているのではないか、といったことも考えてしまうかもしれません。

しかし、天然成分によって作り上げられています。

アカツメクサ花エキス・・・植物から抽出されたエキス

アセチルテトラペプチド-3・・・アミノ酸の一種

以上の二つの成分を構成して作られているのです。

今のところ副作用報告はないので、安全性も極めて高いです。

キャピキシルにはどんな効果が期待できるのか?

毛髪密度を増加させる機能が実際観認められています。

ある研究結果では、被験者にキャイキシルを利用してもらったところ、毛髪密度が46%アップした、といった事実もあるのです。

そもそも、前頭部の薄毛は毛がすかすかになることで目立ってしまいます。

毛髪密度がダウンしているからこそ薄い状態が目立ってしまうわけです。

その点、キャピキシルで毛髪密度の改善効果が狙えるので、生え際対策にマッチングしている成分であると判断できます。

発毛剤に含まれる医薬成分として「ミノキシジル」といったものがあります。

血流をアップさせる機能があることでも知られており、医学的にも発毛効果が認められている成分です。

そのミノキシジルとキャピキシルが実験にて比較されているのですが、なんと育毛成分であるキャピキシルのほうが、「ミノキシジルに比べて育毛効果が3倍もある」といった結果も出てしまったほどです。

『キャピキシルが含まれる育毛剤例』
・ザスカルプ5.0c
・フィンジア
・ボストンスカルプエッセンス

生え際対策育毛剤に含まれる成分「M034」とは?

男性型脱毛症の改善が期待できる成分

M034は、あのミノキシジルと比較されることもある成分です。

毛の再生率の比較をミノキシジルと行ったところ、M034は同等のチカラがある、と育毛成分であるにもかかわらず証明されたのです。

ミノキシジルには血管拡張作用があり、M034に関しても同等の血管拡張作用がある、と判断できるわけです。

男性型脱毛症だけに効果が期待できるのではなく、血行不良による薄毛(びまん性脱毛症)にも大きな効果が期待できる成分と言えます。

AGA対策成分ではありますが、女性で頭髪が薄い状態に悩んでいる方にも利用できる成分です。

M034に副作用は起こるのか?

今のところ報告はありません。

そもそもM034は、北海道産のミツイシコンブのエキスを利用して作られています。

天然の海藻から抽出されたエキスなので、科学的な成分でもなければ、医薬品関連の成分でもないのです。

安心・安全な育毛成分が「M034」です。

『M034が含まれる育毛剤例』
・ブブカ
・チャップアップ

生え際対策育毛剤に含まれる成分「バイオポリリン酸」とは?

酵母エキスで、保湿機能がある

バイオポリリン酸ですが、リンの重合物をより強化させたものになります。

自然の天然成分であるので、特に危険性が認められていません。

化粧品にも使われるケースの多い成分であり、お肌の弾力やはりといったものの回復を機能があります。

バイオポリリン酸の主な機能としては、お肌の乾燥を取り除くことです。

保湿作用があるので、お肌を健康的な状態にしてくれるわけです。

頭皮が傷んで髪の毛が薄い状態になっている、といった方にはおすすめの成分と言えます。

バイオポリリン酸を利用している育毛剤は少ない

独自に開発された特許成分なので、現状ではポリピュアにしか含まれていません。

ポリキュアEXになったことで、従来のバイオポリリン酸よりも30%増量されています。

保湿機能が育毛につながるのか?

直接的な効果を期待するのは難しいです。

ただし、健康的な髪の毛が生えてくる土台作りには役立つ、といったことが言えるのは確かです。

『バイオポリリン酸が含まれる育毛剤例』
・ポリキュア

コメントを残す