生え際が薄いのに気づいたら育毛剤だけ使えば改善される?

あなたの薄毛は前頭部の生え際からきていますか?

それとも頭頂部からきていますか?

薄毛の場所によって回復する確率が変わってくる、といったことを知っているでしょうか。

頭頂部の薄毛は一般的に回復しやすいとされています。

一方で前頭部から薄くなる、いわゆる生え際が薄くなるタイプは治りにくい、とされているのです。

こちらでは、生え際の薄毛対策として育毛剤のみの対策で足りるのか、といったことをお話します。

育毛剤のみで生え際を対処するのは難しい

生え際が薄いのは治りにくい

生え際の薄毛は、強力です。ちょっとした対策では対処しきれません。

育毛剤の中にも非常に力を持っているものが多いことは確かですしかし、実際に利用した方の多くが、生え際の回復を達成できませんでした。

なぜ効果が出なかったのかといえば、育毛剤の効果に頼りすぎていたからです。

育毛剤は効果的であることには変わりないので、他の方法と併用すべきだったのです。

そもそも生え際の薄毛の原因は?

遺伝性のもの、頭皮環境が原因となるケース、さらに血行不良が起こっている場合もあります。

しかも、単体ではなく、それらの原因が重ね合わさっていることもあるほどなのです。

生え際の薄毛の原因に対処するためには、総合的な対策も重要、といったことは覚えておきましょう。

育毛剤にプラスしてどんな対策を取れば生え際の薄毛は改善されるのか?

頭皮マッサージ

育毛剤にも血行不良を原因とする薄毛に対処できる成分は含まれています。

それに加えて頭皮マッサージを行えば、薄い状態に対処できる可能性がさらにアップします。

頭皮マッサージは必ず指の腹を用いて行ってください。さらに軽く押す、といったイメージで行うのが大切です。

マッサージには揉むといったことや、擦るといった方法もあります。

しかし、血行を最も改善させるのは『押す』というマッサージ法であることがわかっているのです(NHK「ためしてガッテン」より)。

また、手を綺麗な状態にしてからマサージをしてくださいね。

汚れたままで行ってしまうと、頭皮環境を悪化させてしまいます。

発毛剤を利用する

飲む発毛剤であるプロペシアの併用がおすすめです。

前頭部の生え際が薄くなる症状の主原因は男性型脱毛症です。

男性型脱毛症に対処するためには、プロペシアが最強の力を持っているのです。

有効成分フィナステリドが、AGAの発症を抑えてくれるので、生え際の回復も圧倒的に期待できるようになります。

ちなみに育毛剤とプロペシアの併用に関しては、全く問題ありません。

そもそも飲み薬と、塗布する育毛剤なので、同時に利用していても特に双方の効果を打ち消してしまうようなことは考えられないのです。

育毛シャンプーを活用すること

頭皮環境が悪化することで、生え際が薄くなることも考えられます。

前頭部に大人にきびができやすい方は、前頭部の頭皮自体に問題が起こっている可能性が極めて高いです。

育毛剤にも、保湿効果があったり菌の発生を抑制する効果が有るものも存在しています。

それに加えて、育毛シャンプーで頭皮環境を整えることができれば、生え際の薄毛をストップできる可能性も見えてくるわけです。

食事に気をつけること

前頭部に薄毛が発生する原因としては、栄養不足も考えられます。

食事内容が偏っていると、髪の毛の生成に問題が出てきてしまうのです。

アミノ酸やタンパク質を積極的に摂取してください。髪の毛の主成分となります。

さらに、ビタミンやミネラルの摂取も忘れないで下さい。頭皮環境を整えるのに役立ちます。

好き嫌いが激しくて髪の毛に良い成分の摂取が難しい、といったケースであればサプリメントを活用しましょう。

最近では髪の毛が薄い方用の「育毛サプリメント」なるものもあります。

育毛に関わる有効成分が含まれているので、生え際の改善にも役立ってくれますよ。

コメントを残す